女性の後頭部が薄くなってしまう原因とは

女性は閉経が近くなってくると女性ホルモンの分泌が減少してきます。そのため髪自体が細くなってしまったり、抜け毛が増えてしまったりして頭部全体的に髪が薄くなって地肌が透けて見えるようになってしまうことがあります。これは女性特有の薄毛の状態なのですが、女性でもそれとは違って後頭部が薄毛になってしまうこともあります。後頭部が薄毛になってしまう原因としてはストレス、偏った食生活、睡眠不足、運動不測などによる血行不良などがあげられます。ストレスは血行を悪くして健康にも大きく影響を及ぼしますが、実は髪にも大きな影響を与えてしまいます。他にも偏った食生活などの生活習慣によって血行が悪くなってしまうことがあります。血行が悪くなってしまうと髪に大切な栄養素が行き届かずに、健康な髪を作ることができなかったり頭皮が固くなって抜け毛が増え、新しい髪の毛が生えてきにくくなります。髪に栄養が行き渡らないことで髪が細くなり、髪のボリュームが減ってしま髪がふんわりとしていた後頭部がぺっしゃんこに見えてしまうようになったり、毛穴と毛穴の間が広がってしまうのでつむじ周辺からぱかっと割れているような状態にになってしまうのです。

後頭部の薄毛が気になる時におすすめの女性の髪型

薄毛に悩む女性たちは、ふと自分自身の顔を見てボリュームダウンしている髪の量にどんな髪型にしたら良いのかとまた悩んでしまいます。特に後頭部などの見えない部分については、鏡を併用しながら薄くなってしまった部分をどうやって隠せばいいのかと考え込むことになります。美容院などで施術してもらう時には、基本的にはふわりとさせるようにシャンプーを当てていくようにしたり、ムースなどを使って全体的に毛を立てるようにしたりすれば、それだけでも印象が変わるというように教えてもらえたりもします。女性も本当に薄毛に悩まされて、それがストレスになっていたりすることも良くあります。髪型で何とか隠したいとは思いつつも、あまりゴムなどで縛ったりするようなヘアアレンジになりますと、今度は頭皮を引っ張りすぎたりするなどして、さらにそれが悪影響になる場合もあります。分け目を変えたり、強すぎない力でアップにしてみたりするなどすれば、だいぶ気になる部分も隠していけます。最近はカチューシャ等のヘアアクセサリーも多いですから、それを上手く使ってみるのも良いでしょう。薄毛の改善をしながら、髪型についても工夫をしていけば、想像以上に違って見えてきますので楽しんでみて下さい。