30代から薄毛の悩みをしっかり予防する方法

女性は加齢やホルモンバランスも乱れなどが原因で、ある程度年齢を重ねると薄毛の悩みを持つことがあります。しかし近年、そういった年齢になる前の30代の女性にも薄毛の悩みを持つ人が増えています。30代の女性の薄毛の場合は老化現象ではありません。原因はヘアサイクルが正常に機能していないことがほとんどです。ヘアサイクルが乱れてしまうとまだ抜ける時期ではない髪の毛が抜けてしまったり、髪の毛が痩せてしまい全体的に髪のボリュームが減ってしまうと言うわけです。ヘアサイクルを乱れさせてしまう原因は過度のダイエットや偏った食生活、ヘアカラーやパーマなどによるダメージ、シャンプーがきちんと行えていないなどです。30代から薄毛の悩みをしっかりと予防するためには、まずは規則正しい生活とバランスの良い食事が大切です。毎日の食事に髪の生成に必要なタンパク質やアミノ酸、ビタミン、ミネラルを含む食品を取り入れるようにしましょう。ヘアカラーやパーマは髪や頭皮に負担をかけます、できれば2ヶ月以上間隔をあけるなどしてダメージを軽減するようにしましょう。シャンプーを乱暴に行うと頭皮に傷がつくだけでなく汚れが落ちずに頭皮環境が悪くなってしまいます。頭皮も髪もやさしく洗い上げるようにすることが薄毛の予防にもつながります。